【ASP.NET(C#)】AutoPostBack(オートポストバック)

スポンサード リンク

バージョン:ASP.NET 3.5

AutoPostBackとは、DropDownListやCheckBox、RadioButtonなどのコントロールに、
「AutoPostBack=true」が設定されている場合、項目の選んだ場合や、チェックをつけた場合、外した場合などに
サーバへ処理を送信したい場合に使う。

下記は、DropDownListを「AutoPostBack=true」に設定し、
どの項目を選んだかをLabel1に表示している。

●Default.aspx

<html>
<head runat="server">
	<title></title>
</head>
<body>
	<form id="form1″ runat="server">
		<div>
			<asp:DropDownList ID="DropDownList1″runat="server" 
				AutoPostBack="true" OnSelectedIndexChanged="on_changed">
			<asp:ListItem>aaa</asp:ListItem>
			<asp:ListItem>bbb</asp:ListItem>
			<asp:ListItem>ccc</asp:ListItem>
			</asp:DropDownList>
			<br />
			<asp:Label ID="Label1" runat="server" ></asp:Label>
		</div>
	</form>
</body>
</html>

●Default.aspx.cs

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Web;
using System.Web.UI;
using System.Web.UI.WebControls;
public partial class Default6 : System.Web.UI.Page
{
	protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)
	{

	}

	protected void on_changed(object sender, EventArgs e)
	{
		Label1.Text = ((DropDownList)sender).SelectedItem.Text 
					+ "が選択されました。";
	}
}

スポンサード リンク


return top