【ASP.NET(C#)】ListViewのグループ化

スポンサード リンク

バージョン:ASP.NET 3.5

ListViewのデータグループ化機能について。

データセット内の n要素ごとに周囲の HTML を指定したい場合は、
ListView の GroupItemCount プロパティを指定する。
例えば下記のように、「アイテム4つごとに<tr><tr/>で囲いたい」
などの場合にGroupItemCount プロパティを指定すると
実現できる。

・作りたいHTML

<table >
	<tr>
		<td>アイテム1</td>
		<td>アイテム2</td>
		<td>アイテム3</td>
		<td>アイテム4</td>
	</tr>
	<tr>
		<td>アイテム5</td>
		<td>アイテム6</td>
		<td>アイテム7</td>
		<td>アイテム8</td>
	</tr>
	<tr>
		<td>アイテム9</td>
		<td>アイテム10</td>
		<td>アイテム11</td>
		<td>アイテム12</td>
	</tr>
</table>
アイテム1 アイテム2 アイテム3 アイテム4
アイテム5 アイテム6 アイテム7 アイテム8
アイテム9 アイテム10 アイテム11 アイテム12

・ASP.NETコード

<asp:ListView ID=”ListView1″ runat=”server”  ” DataSourceID=”DataSource1″
GroupItemCount=”4″ >
	<LayoutTemplate>
		<table>
			<asp:PlaceHolder ID=”Placeholder1″ runat=”server” />
		</table>
	</LayoutTemplate>
	<GroupTemplate>
		<tr>
			<asp:PlaceHolder runat=”server” ID=”Placeholder2″ />
		</tr>
	</GroupTemplate>
	<ItemTemplate>
		<td>
			movie_id:
			<asp:Label ID=”Label1″ runat=”server”  /> <br />
			<asp:Label ID=”Label2″ runat=”server” /> <br />
		</td>
	</ItemTemplate>
</asp:ListView>

スポンサード リンク


return top